クリーニングの料金が違うわけ

埼玉でクリーニングを利用する際の基本

クリーニング料金の違いの理由

チェーン店から個人店、宅配クリーニングまで、クリーニング店はいろいろあって、料金も様々です。ワイシャツ1枚が150円というクリーニング店もあれば、その4倍の600円もするお店もあります。一般的に、個人経営のお店は料金が高めに設定されているようですが、その差はどこにあるのでしょうか。
まず、大手のチェーン店の場合は、大量に依頼があるので、クリーニング工場の大型の機械を使って、詰め込めるだけ詰め込んで、1度に大量に作業をします。言ってみれば、クリーニングの量販店なのです。
また、コストを抑えるために、大手のチェーン店では、クリーニングの溶剤を繰り返し使用することが多いようです。一度使った溶剤は、どうしても洗浄力が弱まります。
また、それまでの汚れや臭いが、次の衣類に付着してしまうこともあるようです。一方個人のお店は、受付の段階で、気になる部分(シミがある等)なども丁寧にきいてくれた上で、工場に出すことなく、お店にある小型のクリーニング機を使って、1枚1枚作業をしていきます。また、個人店では、お店の方が、クリーニングをして何十年というベテランであることも大きな違いです。
毎日着るワイシャツはコストを考えてチェーン店、長く愛用したいコートやスーツは信頼できるお店にするなど、クリーニングに出す時は、目的に合わせてお店を選ぶ必要があります。